集客 税理士

集客 税理士


税理士がWEBサイトをつくって集客をするのであれば、業務内容をできるだけ詳細に説明するようにしましょう。税理士事務所の場所と共に、企業の決算や税務処理を専門とするのか、個人の相続税や確定申告などを主な業務としているのかをWEBサイトに記述しなくてはなりません。税理士をインターネットで検索する場合は、地域+決算処理や地域+相続税などのキーワードを使用しますので、決算処理や相続税などの内容が書かれたWEBサイトを用意しておけば、集客に大いに役立つことになります。

掲載する内容については一般的な概要の解説に加えて、具体的な金額などを使用して詳しい事例をたくさん書くようにすると良いでしょう。そのような事例を掲載しておけば参考になりますし、税理士としての能力の証明にもなるために、信用を得ることができます。

掲載する内容については、税制の内容をそのまま書き写したものではなく、税についての基本的な知識がない人でも分かりやすい内容にする必要があります。顧客となるのは税に関することを専門としない人ばかりですから、分かりにくい表現を使っていたのでは敬遠されてしまうからです。
そして、特に集客の機会となるのが、税制が改正される時です。税制が改正される内容については、専門的な言い回しや用語が使用されるために、多く人がインターネット利用して調べようとします。改正される内容の詳しい解説などを、WEBサイトに記述しておけば次々と訪問してくれる人がありますし、それらの人は顧客になりそうな人ばかりですから、集客の効果は大きいと言えるでしょう。

税制が変わる時は早めに内容を理解して、WEBサイトに掲載するようにすれば、他の税理士のWEBサイトよりも多くの人に注目されることができます。逆に、古い税制のままの内容を記載したままでいると、WEBサイトの信頼性が低下してしまいますので、常にWEBサイトの内容については最新の内容であることを確認するようにしましょう。

▲ 集客 税理士 TOP
集客 インターネット 税理士 歯科医 弁護士 リフォーム 飲食店 不動産 ホームページ ネット